受験対策

検定も終わり、受験準備のために、やめたり一時お休みする生徒が増えました。

 

受験ギリギリまで頑張っていた子の中には、模試の点数が良くならないと悩んでいる場合もあります。
そんな時は、なかなかできない難しい問題ばかりやらず、一度自信を持ってできるレベルまで戻って学習し直すことを勧めます。できないことを続けていると、自信を失うばかりで余計あせりが出て悪循環になります。
どこまでできていて、どこでつまずいたのかを見直す意味でも、ここならできる、という内容を復習してみてください。

 

そろばんでも、以前、伸び悩んでも無理してテキストを進めていた頃は、良い成果は得られませんでした。
現在は、間違いが多かったり、毎回やり方を忘れていたり、異常に時間がかかる場合は、一冊前のテキストからやり直します。それからは、自信なさげにやっていた生徒が、自信を持って進めることで、つまずいていた問題になってもスラスラできるようになりました。

 

そろばんの上級まで進んでいる生徒の多くは、最初の頃は何度もつまずいて、同じテキストを繰り返した経験があります。
挫折してもくじけず、何度もテストを受けているので、受験馴れもしているはずです。

 

現在では社会で実際に使う機会はほとんどないそろばんですが、受験だけでなく、人生においても、挫折に強く、何度でもチャレンジできる人間に育ててくれる習い事だと思います。
その上、数字や計算に強い、という特技は、実際に役立つだけでなく、自分に自信を持てることで様々な能力を伸ばす可能性にもつながります。