人生の半分以上通って卒業

6月の検定を最後に、受験勉強のためにやめていく生徒が何人かいます。
小学校から中学、高校まで通ってきたので、「今まで生きてきた人生の半分以上通ってたから、なんだか寂しいな」と言ってくれました。
それでも、今回の検定で失敗してたら、もう一度受けようかな、とか言っていて、何度失敗してもあきらめない根性がしっかり身に付いているようです。

 

これだけキツイ指導に耐えて、何度失敗してもあきらめず、たゆまぬ努力を続けてこられた生徒たちは、これからの将来でどんなに大変な目に合ってもへこたれず、たくましく生き抜いていけると信じています。