一橋大学散策

子ども達が小さい頃はよく散歩に行っていた一橋大学を、久々に一巡りしてきました。
西キャンパスと東キャンパスを小一時間かけて一回りしましたが、昔より雑木林が減っていたのが残念。

旅行で有形文化財の建物を観光に行くけれど、こんな近くにも登録有形文化財が3つもあるんですよね。

兼松講堂は有名だけど、旧門衛所もかわいい。
東本館は、約半世紀前に従姉達と自転車の練習をしたことがあるけれど、今は自転車通行禁止のパイロンが置かれていてちょっと残念な景観。

 

西キャンパスには、本館や図書館もガーゴイルなどの彫刻があって文化財にしても良いのでは、と思える凝った建物があります。


図書館の南側の雑木林の池には、たくさんのカメがいて日向ぼっこをしていました。


図書館の北側の雑木林には、小道の入り口に弓道部という案内幕があって、入ってみると、奥には懐かしい感じの日本家屋が。

桜は終わってしまって残念だけど、今はハナミズキが咲いていて、少ししたらスミレも咲きそうだったから、近いうちにまた来たいと思いました。