2/12(日)珠算検定

いよいよ検定本番が目前となりました。
受験生は、今更あわてても仕方がありませんので、前日の練習はほどほどに、早めに寝て体調を整えて本番に臨んでください。

 

検定試験は、目標の級を取得するという目的もあるのですが、そのために集中的に練習することにも大いに意味があります。
毎月のように検定試験がある教室もありますが、日商の検定試験は年3回です。
その試験直前1カ月間だけは、集中的に練習します。
すると、その間に受かってなかった級に合格する確率が高いのです。今回も、1級、準1級、2級、準2級に合格者が出ました。
そのために当教室では、教室内で合格していない級の受験も積極的に勧めています。

 

常時受験状態でやればもっと上達するのでは、という意見もあるかもしれませんが、そんなに緊張状態は続きません。何事も、継続するには緩急のリズムが必要だと思います。

そろばん教室の良いところは、学校とは違って、学年も年齢も関係なく、自分のペースで能力を伸ばすことができることです。
3級以上の検定合格に、3年以内で達成する子もいれば、5年以上かかる子もいます。
早くてもゆっくりでも、あきらめなければ誰でも検定合格は可能です。

 

ただ、本番に弱くて、練習では合格しているのに検定試験では何度も失敗する人もいます。
まず、自分はダメだからとか、自信が持てないとか、昨日の練習で点数が悪かったとか、マイナス思考は一切排除してください。
早く正確にそろばんをはじくには集中力が大切で、集中力を高めるには、余分な考えをいかに排除して無の境地に近づくか、です。

何が何でも合格しなければ、と力み過ぎても良くありませんが、合格できることを信じて受験してください。
本番の緊張感が、普段以上の実力を発揮できる場合も多いのですから。