映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」

前科があるアルコール依存症の母親と暮らす問題児の少年が、小学校の校長に歌の才能を見出され、有名な合唱団の学校に推薦されます。が、すさんだ生活の少年は、せっかくの機会を拒否します。

ところが、母親が交通事故で亡くなり、一人ぼっちになってしまいます。
裕福な父親がいるのですが、正式な妻子があり、少年のことは内緒で養育費だけ払ってきただけで、一切関わったことがありませんでした。
母親のお葬式に現れた父親に、事情を知っている校長先生が、少年をぜひとも合唱団の学校に入れるべきだと勧めます。
父親は、引き取るわけにもいかず、寄宿舎付きのその学校に入れることにします。

それまで音楽教育など受けたことのない少年は、音符も読めず、音楽理論も知らず、いじめにも合い、転校した学校で苦労し、さらにすさんでいくのですが、自分の声に自信を持つようになってから、猛烈に勉強を始めます。
遅れを取り戻すために人一倍努力をし、ソロパートを競い合うまでに成長しました。

そんなある日、指導の先生が、「みんなの今のこの美しいソプラノは、ある日突然失う時がくる」と告げます。
「それなら、何故こんなつらい訓練に耐えなきゃならないんですか?」と少年は尋ねます。
「声は失っても、訓練に耐えたことは無駄にはならない。将来君たちは何になりたい?医者か?弁護士か?何にだってなれるよ。」と先生は答えます。
自分に自信を持つことが大切なんだ、ということです。

そろばん教室で目指していることと一緒です。
暗算や数字を扱う能力は実生活に役立つでしょうが、そろばんそのものを仕事に生かす機会はほとんどないでしょう。
けれど、そろばんを自在に扱えるまでに練習したことは、決して無駄にはなりません。
基本を守って地道に練習すること、無意識に指が動くまでに継続したこと、テストに合格するために集中力を高めて早く正確にできるように努力したこと、何度失敗してもくじけずにやり直したことなど、精神力がかなり鍛えられるはずです。
そのうえで合格した成功体験は、自分に自信を持つ大きなきっかけになるでしょう。

自分に自信を持つことは、自分自身と自分の人生を大切にすることにつながります。
人生を楽しく豊かにできるのは、自分だけです。そろばんを続けたことが、他人に依存せず、自分自身で人生を切り開ける力に育ってくれたら、嬉しいですね。