イメージでの計算

教室では、珠算と珠算式暗算のほかに、普通の学校でやる筆算の計算もやります。
そろばんでは計算できても、筆算の考え方、答えの書き方がわからないために、学校での算数につまずく子がいるからです。

 

幼児教育で、数字と数字の組み合わせで答えを覚えてきた子の中には、計算のしくみも、答えの数量のイメージもわからない子がたくさんいます。そんな子は特に、頭の中でイメージする訓練が、計算上達に役立ちます。

 

そろばんも、算数の計算も、基本は「5になる数」と「10になる数」です。「5の補数」「10の補数」とも言いますが、「1といくつで5になるか」「2といくつで10になるか」などを最初に徹底的に練習します。
これができれば、どんな大きな数の計算もできるはずです。

 

すぐにわからない子は、手の指を見ても大丈夫。
ただし、1,2,3と指を折って数えないように注意します。
見て、その映像を頭の中に焼き付けるのです。

「1といくつで5になる?」という時は、片手を開いて、親指を折ってから、立っている指を見ます。
大抵は、数えなくても4とわかります。
(中には、自分の年齢を指で出すことができなくて、指で1から10まで表現する練習から始めることもありますが)

 

どんなに数字が嫌いで計算が苦手な子も、自分の手を使って、1から10までの数の把握と、補数の把握ができるようになると、一気に上達します。
このために、テキスト1冊で反射的に補数が出てこない場合は、何冊でもできるまで練習します。

 

折った方ではなく、反対側を見る、という練習は、見方を変える訓練にもなります。
これは、計算だけのことではありません。
社会に出ても、いろいろな問題で行き詰ったりした時、逆の見方ができると、一気にアイデアが浮かんだりします。

イメージで計算をするということは、計算の結果を出すだけでなく、脳を柔軟に働かせる訓練にもなっています。