基本テキストの多さが特長

うちの教室は基本のテキストがとても多くて、8級合格までが大変です。
6級、5級、3級も、基本だけのテキストを一冊やってから、試験練習用の問題集に入るので、テストまでに時間がかかります。

その代わり、テストを始めるとすぐに合格する生徒が多くなっています。


6級は、そろばんの一つの山場で、6級に合格できなくて挫折した珠算経験者も多いと思います。
その6級のテストに、1回で合格する生徒も何人もいます。
中には、入門時に同じテキストを2回やるほど伸び悩んだ生徒もいて、上達ぶりにビックリします。

 

最初につまずいた子は、同じ問題を何度もやることに抵抗が少なく、できなくてもくじけずにコツコツ続けられるようになることで、あとからグンと伸びるのかもしれません。