お買い物ごっこ

そろばんは、一珠と五珠を一円と五円、十円と五十円、百円と五百円に説明して、大きさの違い、繰り上がりなどを説明します。

ところが最近の子は、一人でお買い物をしたことがない子が多く、お金の説明が通じなくなってきています。


考えてみれば、大人だって現金よりカードで買い物することが増え、お釣りの計算もしなくなっていますからね。

一の位と十の位の違いが理解できていない低学年の生徒が多いのですが、家でお買い物ごっこで遊ぶように指導しています。

オモチャのお金でも、紙に書いて作ったお金でも構いません。
1円、5円、10円、50円、100円、500円のお金で、銀行ごっこで両替したり、家の中の物やチラシなどの切り抜きを商品にしてお店屋さんごっこをしてみてください。
お釣りがいくらか考えたり、お金のやり取りを楽しむだけでも構いません。

 

これはいくらにしよう、商品をどう並べよう、と考えることはたくさんあります。
何かになったつもり、これは何のつもり、という想像力を働かせる遊びは、脳の発達も促します。

そろばんの暗算では、頭の中にそろばんを想像し、それを動かして計算します。
ごっこ遊びなど、空想を必要とする遊びが不足している生徒は、暗算にとても苦労します。

 

塾や習い事に熱心過ぎて、遊びを軽視してはいけません。
大人が決めた通りのことを忠実にこなすよりも、子どもだけの世界で自由な発想が必要な遊びの方が、はるかに子どもを成長させてくれます。