金銭管理の難しさ

以前から、時には万単位のお金を子どもに持って来てもらうシステムって問題あるのでは?と会社関連の人から指摘を受けていました。

そうはいっても、保護者にも教室にも一番安上がりで手間がかからないし、入金伝票、入金一覧表、出納帳、生徒手帳と三重にも四重にも記録を取っているので、間違いがあればどこかでチェックできるから大丈夫、と言ってました。
確かにこちらも粗忽なので、領収印の押し忘れや押し間違いなどがあり、たまにご指摘を受ける場合がありますが、伝票や出納帳などで確認することでお詫びをしてきました。
逆に滞納の場合も、謙虚に謝っていただくことがほとんどで、本当によくできた保護者に恵まれてきました。

教室では、上達の速さには個人差がありますが、みんな自分なりに一生懸命そろばんに取り組んでいて、挨拶もきちんとでき、指導の邪魔をすることもほとんどなく、保護者の躾の良さがうかがえます。
学級崩壊や諸々の教育問題とは無縁に20年間を過ごしてきました。

けれど、時代は変わり、昔ながらの月謝袋に領収印というお互いの信頼を必要とするシステムに無理が出てきたようです。

先月納入されていなかったそろばんとケースの料金について、保護者に伝えてくれるように生徒に言ったところ、保護者から電話がありました。
「払ったはずですが」
ということですが、入金の記録がまったくないのでその旨を伝えると、
「今さら言われても、何故そのときすぐに言ってくれないのか」
前回メールでお知らせしましたが、と言っても、
「メールなんて届いていないし、お金のことなら電話してくるべきだろう。お金の管理がなってないんじゃないか」
とご立腹の様子。

「だいたい月謝袋の裏にいくらと書かれたって何のことかわからない。請求書も領収書もないなんて、どうなってるんだ」
とだんだん暴言が混じってきて、あまりにひどい言葉に、
「誰に向かって言ってるんですか?いい加減にしなさい!」
と思わず怒鳴りつけてしまいました。
乱暴な口調でまくしたてれば、若い女の先生なら縮み上がって何も言えなくなるでしょうが、こちらは子どもの頃から父親からお金をだまし取るような人間をたくさん見ているのです。どんな怖そうな人にも対応する覚悟はあります。
「家に行ってどんな顔だか見てやる!」
と言うので、
「いつでもどうぞ」
と返しましたが、こんな状況になっては教室に子どもを通わせることもないでしょう。
「二重取りだと思うからな」
と言われたので、
「お金は結構です。こんなに信頼していただけないようなら教室に通わせるのも無理ですよね。せっかく始めたばかりで一生懸命やってくれていたのに残念ですが」
「今日も楽しかったって言ってた子に、もう通えないって伝えなきゃなんないこっちの身にもなってみろよ」
と言われましたが、結局今月でやめるということで落ち着きました。
何の罪もない子どもは本当にかわいそうです。

やはり、確実に支払った、受け取ったという第三者の証人が必要ですね。
保護者にはご面倒をおかけしますが、振り込みなどの方法を検討すべきだと実感しました。
今まで、月謝袋の裏に汚い字で「テキスト代」「そろばん」などと書いただけのものに、よくきちんと支払ってくださったと感謝すべきなのでしょう。

乱暴な保護者に負けず劣らず乱暴な指導者の教室に、みんな喜んで通ってくれることにも常々感謝しています。
老若男女の区別なくキツイ指導で申し訳ないけれど、自分の能力を自分で伸ばすために考える力をつけてほしいという熱意だけは、みんな感じ取ってくれているのだと思います。
そんな一生懸命な子ども達が、つまらないトラブルでやめることがないよう、こちらも真摯に取り組んでいきたいと思っています。