子どもに嫌われるのが怖いですか?

「たけしの日本教育白書2008」という番組で、今の親子関係の問題点を考えさせられました。

今の親子関係で一番ビックリしたのが、なぜこんなにも気を遣い合っているのか、ということと、子どもに嫌われることを怖がり過ぎている親がなんて多いのか、ということです。

子どもへのアンケートで、親とは友達のように仲が良いけど、何でも話せるわけではない、という意見が大部分でした。
当然でしょう。恋愛とか思春期の悩みを、何でも親に話せるなんて、ちょっと気持ち悪い。それより、何でも打ち明けられる友達を作りなよ、と思ってしまいます。
ところが、親に言えないというのは、そんな真剣な悩みではありませんでした。
親が作った料理がまずいとか、親が傷つくようなことは言えない、などという異常に親に気を遣った、なんということはない内容がほとんどでした。

「これまずい」とか言われたら、一発叩いて「それなら何も食べなくていい!」と言えば良いのでは、と乱暴な親は思ってしまいます。

親も子どもも、お互いに嫌われるのを異常に怖がっている感じがします。
子どもが親に気を遣って嫌われないようにするのは、生きていくための本能みたいなもので、小さい頃は誰でも親の顔色を伺うものです。

でも、親が子どもに嫌われないように気を遣い、ご機嫌を取ってばかりいたら、教育なんてできるはずありません。
褒めるのが一番の教育、としか教育評論家は言いませんでしたが、ダメなことは絶対ダメ、と言えなくてどうやって躾をするのでしょう。
時には、どんなに嫌われたって言うべきことは言わないと、親の本気が伝わらないと思います。

岡山駅から見知らぬ男性をホームから突き落とし死亡させた少年の父親が、子どもを犯罪者にしないための参考になればということで、インタビューに答えていました。
両親が揃ったきちんとした家庭で、しかもお父さんは子どもの面倒も良くみて、たくさん遊んであげていたそうです。我が家から見ると、羨ましいような家庭環境です。

ところが、いじめにあって、いくら抗議してもやめないので、親が家の中で守ってあげることにしました。
一切の友達から切り離し、マンガやゲームなど家の中でも退屈しないように気を遣い、時間があればお父さんも遊びに付き合います。
少年にとっては、お父さんが一番の支えで、絶対的信頼の対象でした。

高校に入学して、学校には通い出したものの、他人との付き合いにブランクがあったため、なかなか友達はできなかったようです。
そのため、勉強に熱中し始めます。
そして、東大などトップの大学を目指すようになります。

お父さんは、農業高校からトップの大学を目指すのは無理だと思いつつ、ずっと本音を言えず、見守ってきました。
そして、受験勉強に苦しむ息子を見かねて、「もう頑張らなくてもいいんじゃないか」と言ってしまいます。
この何気ない一言が、少年にとっては、大好きな父親から見放された言葉となって胸に刺さり、受験をあきらめ、犯罪のきっかけの一つとなります。

せっかく勉強に夢中になったなら、できるところまでやらせれば良いでしょう。
好きなところを受験して、ダメだったらあきらめるか、もう一度チャレンジするか、本人が選べば良いでしょう。
不合格になって落胆させたくないとか、無理に頑張り過ぎて病気にでもなったらとか、親が先回りして子どもの失敗を阻止することはないでしょう。
失敗しなければ、何の学習もできないし、何の進歩も望めません。

今の世の中、自分の子どもだけは絶対犯罪者になるはずがない、と自信を持って言える親は少数派です。
できるだけ成功者にしたい、快適な人生を送らせてあげたい、などいろいろな理想を持って子育てをしていても、空回りすることもあります。
親の思い通りに育たないことも多々あります。
誰も、他人に迷惑をかけるような人間や、犯罪者を目指して子育てしてるわけではありません。
それでも、無差別犯罪は後を絶ちません。

親は、ぬるま湯のような親子関係を守るだけでなく、子どもが自分で生きていける力をつけるために本気になるしかありません。
普段はだらしなくて頼りない親でも、いざという時は、本気で叱り、本気で守り、親はいつだって体張って育ててるんだぞ、ということを見せる必要があると思います。
嫌われたって、何されたって怖くないって度胸を見せることも必要です。

番組では、ソフトボールで金メダルを取った上野選手のお母さんが良かったですね。
お父さんがアメで、お母さんがムチのバランスの取れたご両親で、お母さんは嫌われ役を常に買って出ているようです。
「嫌われるのなんて、慣れているから全然平気」
と非常に潔いお母さんでした。