最悪の子育ての結末

『強育論』(宮本哲也著)に
「最悪の子育ての結末とは、親が子を殺す、子が親を殺す、です」
という文章があります。
最近頻発している「誰でも良かった」という動機の無差別殺人は、親を殺したいけど実行できずに殺意が他人に向けられた代償殺人、という説もあります。

子どもが犯罪をを犯したら、それはやはり最悪の子育ての結果だと思います。
二十代の若者が事件を起こすと、親がテレビで謝っている場面がありますが、
「もし俺が何かしても、もう成人なんだから親が出なくていいからな」
と息子は言います。
でも、二十歳過ぎてもまともな判断力も自己責任能力も身につけていないとしたら、親の責任以外のなにものでもないでしょう。

たった二十年で、的確な判断力、生活能力、社会適応力などを身につけさせて自立させるのは簡単ではありません。
実際我が家でも、扶養期限がとっくに過ぎているのに自活できず、微々たる生活費を入れるだけで好き勝手なことして居候している娘がいます。
親も、出来の悪い子に産んでしまった負い目があって、なかなか強力に追い出すこともできません。
なんとかまともな生活力が身に付くまではと、多少でも勉強意欲を見せている間は仕方ないか、と甘やかしてます。
本人も負い目があるので、主婦業の半分を請け負ってます。
(といっても、母親自身がろくな家事をしていないので、微々たる仕事ですが)
遅くとも24歳までには自立させることを目標に育ててきたのに、一人目はもう無理そうです。

先日の秋葉原の事件では、犯人がネット書き込みしたという言葉が印象的でした。
「親が書いた作文で賞を取り、親が書いた絵で賞を取り、親に無理やり勉強させられてたから勉強は完璧。親が周りに自慢したいから完璧に仕上げたわけだ」
親の過干渉の最悪の結末です。

私も、父親に対して一番むかついたのは、小学校5~6年の頃、図工の宿題を勝手に仕上げられたことです。
ロウの直方体で、人間の頭を彫るのが宿題でした。
美術が得意だった父は、不器用に彫刻刀を使っているのが見ていられず、
「ちょっと貸してみろ」
と言って取り上げて、やり方を教えてくれるだけならまだしも、目鼻立ちの整った頭蓋骨の形まで完璧な人間の顔なんかを彫ってしまいました。
モアイ像みたいに四角い頭部に目と鼻と口らしきものがついてれば上等なのに。
こんなの小学生の作品に見えない、学校に持っていけやしない、と必死に崩す作業をしましたが、翌日、美術の得意な同級生に
「おまえ、親に作ってもらっただろう」
と言われても何も言い返せず、とてもくやしい思いをしました。

親は、子どものためとか言いながら、結局は自己満足のために余計なことをしがちです。
そのせいで子どもがどれだけ苦労するかなんて、思いも及ばないのです。
子育てなんて、親の自己満足のかたまりです。
こうしてあげたい、ああなってほしい、自分がこうだったから子どもだけは、など親の欲求のままに子どもは育てられます。
でも、一番子どものためになることは、親は極力手を出さないことです。
その方が親の我慢が必要で、忍耐力を試されますが、子どもにとっては、自分で考え、判断し、行動することが、一番能力を伸ばせるのです。

とは言っても、『強育論』の作者のように、算数の難しい問題を、やり方も教えず、質問も受け付けず、ただひたすら考えさせるというのは、かなり優秀な子どもでないと実行は難しいでしょう。
うちの子ども達では、すぐに別世界にとんでしまい算数の問題などに真面目に取り組まず、あっという間にやめさせられそうです。
子どもにはそれぞれ向き不向きがあり、能力の違いがあり、発育の仕方や時期も違います。
同じ年齢でも、兄弟でも、比較するのはナンセンスです。
それぞれの子どもが、自分で自分の能力を伸ばし、活かしていけるようにするのが教育です。
そのためには、最低限の手助けをし、能力に合わせて徐々に手を離していき、自分でやらせていくことが必要だと思います。

今は、エリート校に入学しても、一流企業に就職しても、堅実な将来が約束されるわけではありません。
そのおかげで親が子どもにレールを敷きにくくなったのは、良い傾向です。
親は、子どもの能力と生きる力を信じて、過干渉にならないように気を付け、極力手をかけないようにすべきです。
子どもは、親が思っている以上にいろんな能力を持っていますが、親が関わっている限り能力を発揮できません。
親は、子どもの成長と共に、子育ての時間を仕事や趣味の時間に移行させ、子どもだけの時間を増やすことです。

といっても、贅沢な個室を与え、引きこもりが可能な環境を提供することはありません。
自分の自由になる個室が欲しければ、自分で稼いだ収入で払える部屋を借りて独立すれば良いのです。
親と一緒に住む限りは、完全な自由はなくて当然だし、親兄弟との共同生活における最低限のルールを守る必要があります。

もっとも、環境に恵まれなければさっさと自立してくれるかと思えば、そう期待通りにはいきません。
男女混合の狭い子ども部屋で、夕方はたくさんの子ども達が出入りする教室になってて共同スペースは使えないという、うちみたいな最低な環境にあっても、早く独立したいと思わない子がいますからねえ。