いとこ会

連休中に、コウノトリの里で有名な父の故郷に行ってきました。
父方の「いとこ会」をやることになり、生存しているいとこ全12人+母親4人(父親は誰も残ってません)+子どもと孫十数人(出入りが激しくて数不明)が集まりました。
普段は、お葬式か結婚式に、それぞれの家の代表が集まるくらいで、いとこ達全員が集まったのは初めてのことです。
「いとこ会」をやろうと言い出したのも、6年前の父のお葬式で何人かが集まった時ですし、具体的に今度のゴールデンウィークにやることが決まったのも、今年一月の父の七回忌でした。

父は、男六人女三人の九人兄弟の末っ子で、生きていれば80歳です。
父の兄弟で生存しているのは、上から5番目の93歳の伯母と、8番目の84歳の伯母だけ。
父と一番仲の良かった上から7番目の7歳年上の伯父は、父が先に亡くなったことで、家族の誰よりもがっくりと意気消沈してしまい、翌年追うように亡くなりました。
すぐ近所に住んでいて、一緒に釣りに行ったり、碁をやったり、商売をしたりして、大喧嘩をしたこともありますが、それだけ仲の良い兄弟でした。
残った二人の伯母達にも、
「一番下が先に逝くなんてねえ」
と嘆かれました。

そのような兄弟関係のいとこなので、妹と同じくらいの子どもがいたりと、かなり年上のいとこ達の集まりです。
私は、集めた会費の会計を任されたりしたので、使った額と残高を計算し、お世話になった人へのお礼をさらに集金し、などとやっていると、
「エライエライ」
などと頭をなでられたりしました。(こんな年になって!)
普段、仕事でも家庭でも実家でも、親以外はほとんど年下という環境で、あまり人様からかわいがられるという経験もなかったので、子どもに戻ったような感覚でした。

小さい頃は人見知りで、母親から挨拶が下手だとか怒られてばかりいたので、親戚つき合いも好きではなく、父の故郷には6歳の頃行ったきりです。
ほとんど初対面のような、あまりお付き合いのない人達と三日間も過ごすのはどうなんだろう、というのは杞憂でした。
言いたいこと言って、口は悪いけど、ざっくばらんで、父や自分と同じような人種だらけ。同じ血縁だということがつくづく実感できました。

また、私以外の家族が遊びに行った時の写真を見せてもらってびっくりしました。
うちの次女がいる、と思ったら9歳頃の妹でした。
常々、次女は妹に似てるとは思ってましたが(妹の実の娘よりもそっくりです)ここまで似てるなんて。
次女の写真は少ないので、もらってアルバムに混ぜておこうかと思いました。

たくさんの山に囲まれて、数年前氾濫して連日テレビに映った川が流れ、山を越えると日本海という、父の育った世界をたくさん見せてもらいました。
伯母達は害鳥だと非難してましたが、今は大事に保護されているコウノトリも、父が若い頃まではたくさん飛び交っていたそうです。

夜、宴会をやったお宅から数十キロ離れた別のいとこの家まで車で送ってもらいました。
まったく外灯のない真っ暗な道をどこまでも走っているとき、妹の小二になる長男が言いました。
「信号が全然ない!着くまでに何個信号あるの?」
「そうだね。多分一個もないね」
甥だけでなく、大人達もちょっとしたカルチャーショックでした。

伯母達は、大きな台風の度に洪水に遭ったり、苦労も多かったのですが、こんな大自然の中でたくましく生き抜いて来たんだな、と思いました。
農業をやりながら、様々な職業を兼業して子どもを育ててきた働き者なので、いくつになっても何もしないでぼんやりしていることができません。
手芸をしたり、色紙や千代紙で小さな三角を組み合わせた細かい細工の小物を作ったり、手先と頭を使い続けることが、口も身体も達者で長生きできる秘訣のようです。

もう二度と会えないかもしれないから、と別れを惜しんでくれた伯母達ですが、そんなことはないでしょう。
伯母達より先に逝かないようにするには、いかに頑張るか、というのが「いとこ会」の最大の課題でした。