アトピーに向き合う

最近、まるで洒落っ気のない次女が、
「化粧品って使った方がいいのかなあ」
などと言い出しました。
今までアニメオタクの仲間だった友だちまでオシャレに目覚め、化粧品の買い物に付き合わされたり、昼食時のおしゃべりでオシャレの話題についていけなくなってあせり出したようです。

「その前に、ちゃんと顔洗って、アトピー治して、シャンプーの後はドライヤーかけろ」
と兄や姉から散々言われてました。
実際、無闇に化粧品を使うなどもってのほかの状態で、普通の女子高生なら外に出られないと思い悩むような顔です。
今まではまったく無頓着なため、薬もひどい時だけつけたり飲んだりするだけで、すぐにサボり、平気で出歩いていました。

最近、多少受験勉強に取り組むようになって、症状が悪化してきたようです。
見てくれの悪さでストレスはなくても、勉強のストレスは大きいので、今年こそは本気で対策を練らなければ。
まあ、一番の原因は、ろくに掃除をしないことと、怠惰な生活、とわかりきっているんですけどね。
家族中でアトピーなんだから、もっと早くからなんとかすれば良さそうなものですが、周期的に痒くなるのは花粉症みたいなもので仕方ないと、アトピーかつ花粉症の親自身も慣れきっていました。

でも、ただでさえ勉強が苦手なのに、受験勉強など始めてしまっては、ストレスは増すばかりで、顔の痒みもひどくなり、痛々しい状態になってきました。
試験中など、無意識に顔を掻きむしってるようです。受験どころではありません。
そこで、いろんなアトピー本を読み漁り、きちんと向き合えば治せることもわかり、一念発起でやらなければと思い立ちました。

『「アトピー」勝利の方程式』では、アレルギーのわかりやすい解説と、ステロイド剤の使い方、プロトピックや新しい薬、抗アレルギー剤など最新の治療法が丁寧に書かれています。
今までアレルギー検査も受けず治療を受けていたのですが、それでは治るわけがないこと、根本原因を除去しつつ、正しく薬を使っていくことで、確実に改善されることが納得できました。
私自身も、手足に猛烈に痒い小さな湿疹が周期的にできるのですが、もしかしたら金属アレルギーかもしれない、と思い当たることがありました。
ネックレスのチェーンなどでかぶれるので、アレルギーがあるのはわかっていましたが、歯にかぶせた金属が原因とは思いもよりませんでした。
サプリメントも、金属性のものが含まれている可能性もあるので、無闇に飲んではいけないと肝に銘じました。

防ダニ加工の寝具に変えたり、部屋のホコリやカビを掃除するだけでなく、洗濯機のカビも定期的に除去して、浄水器をつけて、シャワーヘッドもフィルター付きのに変えて、などなど、お金と労力を惜しまずに環境を整える必要があります。
防ダニ仕様の掃除機と空気清浄器はあるので、まだましと思うことにします。

無駄なことに使っていた時間とお金をアトピー対策に使えば、家族中がつらい痒みから開放されるのですから、積極的にやるべきですね。
あとは、きちんとアレルギー検査をしてくれる病院で、真面目に治療を受け、きちんと薬を使って治しきれるかが問題です。
あまり気にしないというのは、ストレスの面では良いのですが、薬の使い方がいい加減になりやすいので、長期的な治療がうまくいきません。
ズボラで飽きやすい性格を、なんとか家族中で矯正しないと。

今では独特のオシャレに気を使う長女も、高校生くらいまではまったく無頓着でしたから、次女もそのうち気を使うようになるのでしょうか。(あまり期待はできませんが)
その時に今の状態では相当なストレスになるでしょうから、そのときが来るまでには、何とかツルツルの肌にしてあげたいものです。