ハムスターの大往生

昨日まで元気に回し車を回し、外に出たがって檻によじ登り、餌を頬張り、野菜を一生懸命食べていたハムちゃん。
今日そろばん教室が終わってから、檻をのぞいて何度呼んでも、小屋から出てきません。
小屋の屋根を取ってのぞくと、丸まって動かなくなっていました。
毎回帰りにハムちゃんをのぞき込んでた生徒が、
「出てこないけど生きてる?」
と聞きましたが、
「寒いから最近なかなか出てこないんだよ」
と答えたばかりでした。

昨年9月に腫瘍の手術中仮死状態から復活してから、一年以上我が家を癒し続けてくれました。
二歳七ヶ月ですから、ジャンガリアンハムスターにしては大往生でしょう。

いつも誰かがケージのそばに近づくと、外に出してほしくて小屋の屋根に登り、二足歩行をしてました。
手の中に入れてなでていると、そのうち眠ってしまいます。
昨日は、何度も何度も外に出たがり、手の中で気持ち良さそうにしたり、眠ったり、野菜を食べたりしてました。
最後が近いのを悟って、ずっと手の中でなでてて欲しかったのかもしれません。

ペットを飼うというのは、別れが来るから毎回つらいのですが、子ども達には良い経験になっていると思います。
かわいくてたまらなくなると、親バカになる気持ちがわかるでしょうし、病気になると心配でたまらなくなり、最後の別れは何度体験してもつらいものだということを身を以て知ります。
それでも、こういう体験を積み重ねて、死ぬという事が周囲にどれだけつらい思いをさせるものか悟り、身内の死に対しては、多少の免疫をつけてつらさを乗り切れるようになって欲しいと思います。

来年は待望のネズミ年で、年賀状のモデルになってもらおうと写真を撮りまくっていました。
すぐ動くのでなかなかピントが合わず、ぼやけた写真ばかりでしたが。
それでも、何をやっても愛らしいハムでした。
最後まで年を感じさせず、かわいいままで、元気いっぱいのハムちゃんは、生き方のお手本です。