きれい!!

週二回自宅でやるそろばん教室の日はいつも、三十分前位に帰宅して、泥棒が入ってもわからないくらいものすご〜く散らかった部屋を大急ぎで片づけ、掃除します。
脱ぎっぱなしの服や靴下、ゴミ箱から完全にはずれたゴミ、食べっぱなしの食卓などの悲惨な状況を一挙に片づけるわけです。

先日、いつもより帰りが遅れ、あせって玄関を開けると、食卓はきれいに拭いてあり、床は掃除機がかけられ、もう一つの教室用の机も準備され、流しまで食器も鍋も何もない状態に片づいていて、びっくりしました。
こりゃあ、次女が何かやったな、と思いきや、案の定、姉や兄に何度も起こされながら起きられず、学校に行っていませんでした。
月に一度位ずつ学校に行けない日がある次女なので、またか、と思いましたが、期末試験直前の失態に、自分でもかなりまずいと思って、家族の一斉攻撃を回避する手段に出たようです。
でも、いつもは自分の部屋さえ一日かけても満足に掃除できないくせに、やればできるんじゃない、と内心見直しました。たまに掃除しておいてくれる上の二人は、食卓に何か残っていたり、どこか中途半端なのですが、ずっと完璧に片づいていました。

少しして、今度はお友達とディズニーランドに行く費用をねだるために、また次女が掃除してくれていました。でも、台所は片づけていません。
一度完璧にできることがわかってしまうと、やってあることより、できていないことの方に目がいってしまいます。
「なんだ。食器は洗ってないんじゃない!」
と文句をつけてしまいました。
すると、いつもは親以上に妹に対する小言が多い口うるさい長男に
「せっかく掃除してたんだから、そんなこと言うなよ!」
と怒られてしまいました。

まあ、その日もギリギリに帰ってたので、掃除してくれてただけでもかなり助かったんですけどね。
それにしてもうちの長男、19歳にしてオヤジ臭過ぎ!
別れて約四年の、子育てに無関心だった実の父親以上に父親らしいぞ。
次女の躾がなってないと
「ちゃんと躾し直せよ!」
と年中怒るけど、その役目任せるよ!