小中一貫教育賛成!

品川区で、小中一貫教育が取り入れられるそうです。能力別クラス分けで、小学生と中学生が一緒に学べるということです。
教材の選択や指導の方法を工夫し、ぜひ成果を上げて全国的に取り入れてほしいものです。

中学生で授業についていけない子は、小学校でつまづいた子が多く、学校では指導の範囲外なので見捨てられる場合が多いのではないでしょうか。
小学校の範囲はマスターしているのに、中学でついていけない子は、中1から復習すれば良いので本人のやる気次第で追いつきます。
けれど、数学などは、小学校の分数・小数段階でつまずいているために、中1から何も理解できない状態で始まっています。中3の受験期になってからあわてても、簡単には間に合いません。

そろばん教室では、そろばんだけでなく、算数計算もやっています。
見学の時に算数のプリントを何枚かやってもらい、完全にマスターできたレベルでテキストを決めます。
算数が苦手で来ているお子さんの中には、4〜5年生でも2年生レベルからやり直す場合もあります。九九が素早く正確にできなければ、九九のテキストからやり直す場合もあります。
学年で分けられたテキストではないので、抵抗は少ないと思いますし、最初はできるレベルからやっているので、間違いも少なく、気分良く進められることが多いようです。
算数でつまずいている子は、わり算の答えの出し方からわからない子がたくさんいます。
けれど、ちょっとしたコツを教えればすぐにマスターしますし、大抵の子が、学校のレベルに追いつくまでには、それほど時間はかかりません。

中3の受験期に入って、勉強をやり直したいと思う子はたくさんいます。
それなのに、今の学校制度では、その子達に指導できる体制を作るのは難しいと思います。
子どもはみんな、得意不得意も違えば、成長する時期も違います。同じ年齢だからといって、同じ内容を教えて、同じようにマスターできるわけないのです。
低学年で伸びる子もいれば、高学年で伸びる子もいて、中学から伸びる子もいます。
順調に伸びている子でも、必ず伸び悩む時期があります。
学校は、本人がやる気になった時は伸ばせるだけ伸ばし、スランプのフォローをし、本人がやり直したいと思った時、いつでもそれぞれの能力に応じたレベルからやり直せる体制を整えてほしいと思います。