彼氏?彼女?

小三の男の子Oと小二の女の子Mの会話。
O「おまえ、彼氏いる?」
(え?小学生で彼氏?こんな大人しそうな女の子だよ?いるわけ・・・)
M「うん。いるよ」
(え〜!いるの?二年生で?)
O「なんていうの?」
M「教えない」
O「教えないって名前か?」
坂「そんなこと聞いて、自分は彼女いるの?」
O「いるよ」
(え〜!いるの?)
坂「でもさ、この前好きな子にフラれたって言ってなかったっけ?」
O「それは今の学校の子。転校前の学校に彼女いるんだ」

小学生の頃は、男の子と喧嘩ばかりしてた思い出しかない身にとっては、隔世の感。

家に帰って中三の娘にその話をすると
「え〜。うちらの小学生時代は、男女の張り合いがあったから、好きな子がいる子だって彼氏彼女なんてありえなかったなあ」
という話。
なんだ、変わりないじゃない。
ということは、世代の格差は中学生と小学生の間でも大きいのだろうか。
でもうちの子ども達は、親よりも戦前生まれの祖父母の感覚に限りなく近い年寄り臭さがあるから、一概に判断はできないけれど・・・