検定試験

日本商工会議所/日本珠算連盟主催

日本商工会議所および日本珠算連盟主催の検定試験を、立川商工会議所で受験します。

2月、6月、10月の年3回開催され、教室で団体申し込みをします。

 

当教室では、珠算3級以上、暗算4級以上から受験申込をします。

受験料がかかるため、履歴書に記入してもあまり意味のない級の受験はお勧めしておりません。

 

その代わり、教室で珠算4級に合格し、3級の基本が終わりそうな人は、合格していなくても3級の受験を勧めます。

検定試験という目標を目指して直前に集中的に練習することで、格段に上達するからです。

 

2019年度検定予定

◆受験対象者(珠算3級の基本終了者)には、申込締切日の3週間前に受験案内と申込書を配布します。

◆時間割の発表後、時間割と一緒に受験票を配布します。

検定前の練習方法、受験の心構えなどの案内も同封しますので、ご確認ください。

 

◆退塾者でも、受験の希望があれば団体申込しますので、ご連絡ください。

 

検定試験受験料(消費税込み)

受験料は、商工会議所へ申し込む時には教室で立替払いをします。

申込締切日の翌月の月謝と一緒にご請求しますので、翌月10日までにお振り込みをお願いします。

 

試験内容・合格基準(珠算1~3級)

検定試験は、3種目まとめて30分でやります。

合格点は、3種目の合計点で基準点が決められていて、1級、2級、3級は240点以上、準1級、準2級は210点以上で合格です。

準1級、準2級は基準点が低いため、2級や3級より合格しやすくなっています。

 

ですから、3級を目標にする人は準2級、2級を目標にする人は準1級を目指してください。