ブログカテゴリ:2015年



09日 12月 2015
「ねがいましては、○○円なり、○○円なり・・・」という声が響くのが、昔の大人数の珠算塾風景ですね。 読み上げ算は、指導者が読み上げる問題を聞いて計算をします。 自分のペースではなく、読むスピードに合わせて計算をするため、スピードと集中力が向上します。...
26日 10月 2015
10/25(日)は、商工会議所の検定試験でした。 初めて段位に挑戦する生徒たちがいたり、検定試験そのものが初めての子がいました。 当教室では、一ヶ月前から検定練習に入ります。 通常は、各種目ごとに時間を計り、全種目が合格点以上でないと合格にしません。...
28日 7月 2015
教室では、珠算と珠算式暗算のほかに、普通の学校でやる筆算の計算もやります。 そろばんでは計算できても、筆算の考え方、答えの書き方がわからないために、学校での算数につまずく子がいるからです。...

27日 7月 2015
うちの教室は基本のテキストがとても多くて、8級合格までが大変です。 6級、5級、3級も、基本だけのテキストを一冊やってから、試験練習用の問題集に入るので、テストまでに時間がかかります。 その代わり、テストを始めるとすぐに合格する生徒が多くなっています。...

02日 7月 2015
時々、能力的にはできるはずなのに、「わかりません」を連発する生徒がいます。 そばで見ているとちゃんとできるので、そばにいて欲しいだけじゃないかと思います。 (こんなきつい指導者に、よく甘えてくるもんだと思うのですが) そろばんは、すぐに足したり引いたりできない場合、5にするか、10にするか、を考えます。...
23日 5月 2015
今日、6/28(日)の検定試験の団体申し込みをしてきました。 昔は、3級以上にまで進む生徒は数人で、あと少しというところでやめてしまう生徒がたくさんいました。 最初から教室で育てた生徒から1級合格者を出すことが、目標の一つでもありました。 今回は、1級受験者が4人もいて、次回あたりから段位検定受験者も期待できます。...
21日 2月 2015
1993年に始めたそろばん教室も、もうすぐ22年たちます。 同じ教材で、同じようにキツイ指導で、今時の大事に育てられている子ども達がよく続けてくれるなあ、と感心します。 年長や小1から中学、高校まで続けてくれる生徒もいて、長い子は10年以上通ってくれます。 学校などでは、直接指導しながらこれほど長期間の成長を見られる機会はないでしょう...