ブログカテゴリ:家族



25日 6月 2017
モルモット好きの長女とお友達の二人展「もるホリデー」に行ってきました。 モルだらけと思いきや、うちのウサギのハガキもあって、モルモット少しウサギ展でした。 http://lichtmuhle.net/moruholiday.html

18日 8月 2013
「凄絶な告別式だったよ」と長男。 「伯母ちゃん、見てられなかったよ」と長女。 「あのどっしり構えた伯父ちゃんも、相当参ってたよ」と次女。 二週間前、子ども達にとっては実の兄のような存在の父方の従兄が急死しました。 急性心筋梗塞で突然倒れ、まだ35歳でした。 独身で、両親にとっては一粒種でした。...
08日 10月 2011
♪朝(あした)浜辺を さまよえば 昔のことぞ 忍ばるる♪ テレビCMで懐かしい歌が流れてきました。 小さい頃両親に歌を教えてもらった風景を思い出しました。 3坪ほどの小さな本屋のついた6畳一間に両親と弟と住んでいて、夜の縁側で、父がハーモニカを吹いて、母が歌ってました。...
24日 7月 2011
親が子どもに望むことは、親の価値観によって様々でしょう。 自分の人生が成功していると自信があれば、自分がやってきたことをやらせ、同じような人生を歩ませたいと思うでしょう。 思い通りの人生ではなかったと思う人は、自分ができなかったことをやらせ、まったく違う人生を送ってほしいと思うでしょう。...
06日 4月 2011
昨年の秋、兵庫の父の実家が全焼しました。 画家をやっている還暦を過ぎた従兄が一人で住んでいますが、夜明け前の出火で、取るものもとりあえず逃げ出したそうです。 古い農家で、りっぱな梁を活かして個展もできるアトリエに改造し、絵画教室などもやっていました。...
06日 5月 2010
「オーケストラ!」という映画を見ました。 旧ソ連時代のユダヤ人排斥で解雇された楽団員が、劇場の清掃員となっていた指揮者を中心に30年ぶりに集められ、正式な楽団に成り代わってパリの劇場で演奏するという、喜劇、悲劇、社会問題を含んだ音楽映画です。...
13日 12月 2009
今年は、元旦に西国分寺の実家で飼ってた父の形見の老犬の葬式(ペット用火葬)をし、夏に母の葬儀、先日母の妹の夫にあたる叔父の葬儀と別れが続きました。 11月末に、7年間預けていた父の遺骨と共に、母の遺骨を羽田沖に散骨しました。 釣り好きの父がかつて毎月のように行っていた場所です。...

08日 10月 2009
母の遺品から、歌集が出てきました。 カラオケにはまったく興味がなく、多分ほとんどカラオケの経験はなかったはずなのに、何故新しい歌集?と思ったら、大ファンの秋川雅史さんが懐かしい歌を歌ってたようで、歌詞の気に入った部分を書き写したりしていました。 両親は、音楽にだけは自信がない人達でした。...
17日 1月 2009
いよいよ今日から、次女の受験月間が始まりました。 顔を合わせると何時間でも親子でおしゃべりしていて、 「一体いつまでしゃべってる気?」 と(勉強とは無縁の)長女に注意されてしまう緊張感のない受験生ですが、とうとう本番が始まってしまいました。 一昨日長女は、受験生向けの合格祈願のお菓子をいろいろ買ってきました。...
13日 9月 2008
少し前に、テレビで映画版「地下鉄(メトロ)に乗って」を見て感動して、浅田次郎氏の原作を読みました。 地下鉄を通してタイムトラベルをするというSF的要素のある、親子の確執と恋愛の切ないお話です。...

さらに表示する