ブログカテゴリ:子育て・教育



05日 9月 2016
2012年1月から開始した親子絵本教室「キッズ・ブック・スペース」が今年で5周年となり、斎藤惇夫先生に特別絵本講座をお願いしました。 斎藤惇夫先生は、『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』などの児童書の作者で、作品はロングセラーとなっているだけでなく、アニメ、舞台、ミュージカルなどにもなっています。...

10日 12月 2012
今年は、親子絵本教室を始めたり、諸々忙しくしている間に、あっという間に年末になってしまいました。 先日の親子絵本教室では、クリスマス絵本をテーマに開催し、サンタクロースを待ちわびる子どものワクワク感いっぱいの絵本、世界のクリスマス風景の絵本などをご紹介しました。 http://www.kidsbook.jp/...
13日 8月 2012
この本は、「平均的な幸福」に縁のない人、「平均的な幸福」に縛られて悩んでいる人、そして、自分が平均以上の幸福の中にいても気づかない人にぜひ読んでほしい本です。 21歳の珊瑚は、離婚して、生後7ヶ月の娘・雪を抱えながら生活を模索していました。...
04日 8月 2012
 6年ほど前にも、「イジメは、なくならない」というタイトルでイジメと自殺について書いたことがあります。  相変わらずイジメによる自殺はなくならず、イジメを隠す教育機関の体制も変わりませんね。...
15日 4月 2012
高度経済成長が終わり、バブルがはじけ、リーマンショックがあり、就職の状況が大きく変わっています。 一流大学を出て大手企業に勤めれば一生安泰、という構図も変わってきました。 そもそも一流大学を優秀な成績で卒業しても、希望の企業にすんなり就職できるとも限りません。...
20日 2月 2012
本好きの子どもに育てるためには10歳位まで読み聞かせをすると良いことを最近知りました。...
24日 7月 2011
親が子どもに望むことは、親の価値観によって様々でしょう。 自分の人生が成功していると自信があれば、自分がやってきたことをやらせ、同じような人生を歩ませたいと思うでしょう。 思い通りの人生ではなかったと思う人は、自分ができなかったことをやらせ、まったく違う人生を送ってほしいと思うでしょう。...
22日 7月 2010
6月初めに会社のスタッフが、鳩のヒナを事務所に連れてきました。 巣から落ちてたのを保護したけど、なかなか餌を食べないということでした。 それなら、と昔離乳食で使ってたような長い柄で細めのスプーンを捜し、小鳥の餌をレンジでちょっと茹でて食べさせると面白いように食べます。...

01日 11月 2009
ちょっと前までは、子どもに簡単な買い物を頼んだりすることも多く、小学生くらいになればお金の数え方を知っていることが多かったような気がします。 最近は子どもを一人で外に出さないせいか、お買い物の経験のない子が多く、お釣りや両替の観念がわからないことが多くなってます。...
12日 3月 2009
先日、次女の卒業式がありました。 6年間、成績不振で呼び出されるたびにお世話になった学年主任の先生は、壇上にいながら親以上にボロボロと泣かれて、生徒たちはそれに釣られて泣いていたそうです。 次女が大好きな社会の先生で、一見40代後半の普通のおじさん(失礼!)なのに、言うことやること全てかわいい!と年中次女の話題に上る先生でした。...

さらに表示する