親と子どもの時間・2014年

22年目に突入!

坂本そろばん教室も、この四月で22年目に突入しました。

自宅で教室を始めた当初は、新聞広告やベランダに看板を掲げたりしたけれど、まったく申込はなく、とりあえず小3の長女と小1の長男の二人で始めようと思いました。
初日の前日、近所で看板を見た方から申込があり、どうにかうちの子ども達を合わせて三人の生徒で開始しました。
9月に長女の同級生が入ってくるまで、実質生徒一人の教室でした。

そろばん教室を始めた理由はいくつかあります。

まず、それまで経理を手伝っていた父の事業(本屋ではなく仲間と始めた喫茶店)が失敗し、父と仲間の間でトラブルがあり、仕事がなくなっただけでなく、調停作業を手伝う羽目になったこと。
勤め先を探す気にもなれず、自由な時間を確保するには自分で何かを始めるしかない、と思いました。

あの頃は、我ながらよくやったなあ、と感心します。
小3、小1、2歳の三人の子育てをしながら、実家の本屋を手伝いつつ、父や弟と数人の相手と交渉し、弁護士と打ち合わせて裁判所への提出資料を作成し、打開策を練り、借金の返済方法を検討し、という怒涛の毎日が二年ほど続きました。

週2回1時間ずつのそろばんの時間は、生徒を教えつつ子ども二人の勉強も見ることができる貴重な時間でもありました。
たった一人でも、嫌がらずに喜んで通ってくれた最初の生徒は、忘れられません。

別の理由は、長女の計算能力が小学校でまったく伸びなかったこと。
大人になった今でもすぐに別世界に行ってしまう長女は、学校向きではなく、興味がないことは全てスルーして、授業中は空想の時間になっていました。
数字も数の把握も苦手で、小学校のタイルを使った繰り上がりの計算などお手上げでした。
これは、数の大きさや繰り上がり繰り下がりも目で見て計算できるそろばんを使うしかない、と思いました。

もう一つの理由が、二十代の初めに指導していたそろばん教室にあります。
父の本屋仲間が経営していたそろばん教室で、前任者の代わりに教えてほしい、と頼まれました。
始めた当初は、数人の生徒が3クラスほどでした。
経営者が本屋で宣伝する効果もあって、そのうち生徒が増えてきて、部屋を広げて20人以上入れる教室で4クラス教えることになりました。
一人では無理ですと言うと、経営者が助手をするから、ということでしたが、本屋の片手間の助手などあてになりません。
わからない生徒を全員見てあげることができずに終わることも増えてきました。
大人しい生徒がずっと待っていたことに最後に気付いた時の、悲しそうに見上げる生徒の顔が忘れられません。

自分で教室をやるとしたら、絶対10人以上のクラスにはしない、わからない子は時間内に全員見てあげる、という理想を持っていました。
それで、現在はキャンセル待ちの生徒さんもいる状況になっていますが、少人数制を保っています。(部屋の狭さも原因ですが)

結婚して子どもが二人になった時、そこの教室は後任に譲りましたが、親のトラブルに巻き込まれなかったら、自分の教室を持ったかどうか疑問です。
親のトラブルが解決した直後、弟と会社をやることになり、これまた苦労の連続ですが、会社運営が順調だったら、そろばん教室を続けることはできなかっただろうと思います。

物心つく頃から、小さな商店街の小さな本屋で、商売のトラブルを見ながら育ったので、困難な状況で落ち込む、ということはほとんどありません。
転んでもタダでは起きない、というのが鉄則です。
莫大な借金を抱えて小さな本屋でどう返していくか、というお先真っ暗な状況でも、何とかするしかありません。
返済時期になると「首くくるしかない」と言い出す親に、「ふざけるな!自分で作った借金は自分で返してから死んでくれ」と言い放つキツイ娘に育ったのも、仕方ないでしょう。
そんな父は、運良く店と自宅が売却できて借金を返済したら、一年も立たずに亡くなりました。

ビジネスも人生も、初めから終わりまで順風満帆なことなんてめったにありません。
うまくいかない時は、落ち込んでいる場合ではなく、即座にどうするか打開策を考えるだけです。
そろばん教室で一番教えたいのも、そこです。

一珠でできない時は五珠、五珠でできない時は十を使う、という基本を教えたら、後はできるだけ自分で考えさせます。
すぐに「できない~」と言う子には、「できない時はどうするんだっけ?」とすぐには教えません。
できない時、困った時、どうしたら良いか考えを巡らせ、自分で思いつく、という経験は絶対役に立つはずです。

そろばん自体は、金融機関でも使わないし、私自身も会社の仕事はほとんどパソコンで処理します。(そろばんや暗算の方が早いこともありますが)
それでも、そろばんを習って身に付くことはたくさんあるし、何年も継続して上級の検定試験に合格した体験は自信につながるでしょう。
年長や小1から始めて、中学以上まで続ける生徒もたくさんいて、同じ生徒をこんなに長く教えられることは嬉しい限りです。
キツイ指導に耐えて、何年も通い続けてくれた生徒は、将来社会に出て嫌な場面に出会っても、そろばんの時に比べれば大したことない、と思えるでしょう。
困った時には、どうしたら良いか考えて、強くたくましく生きていってほしいなあ、と思います。

0 コメント

そろばんの上達方法

そろばん教室の方は、熱心に通ってくれる生徒が増え、進級速度がかなり早くなり、検定試験にも合格する人が増え、驚いています。
2級、1級を目指す生徒も増え、受験で一時お休みしても、中学・高校まで続ける子も増えました。

何が違ったのでしょう。
テキストも、キツイ指導も、変化はありません。
元々、姿勢と指使いには、厳しい指導をしてきたつもりでした。

けれど、子どもはどうしても、正しい答えが良いことと思っているし、先にテキストを進むことが偉い、と思ってしまいます。
そのため、早く正確に進んでいると思って油断していると、いつの間にか自己流になって、最初に教えたことを忘れていたり、ひどい時は、頭で計算した答えをそろばんに置いたりしている場合がありました。

そのため最近は、答えを合わせたり、早く進む必要はないんだよ、とにかく指の使い方をきちんとすることが一番大事、と何度も繰返し言い聞かせるようにしました。
「答えが合えばいいってもんじゃないんだよ」と何度も怒られる子もいます。
怒られている子がいれば、周りの子もマズイ!と思って気をつけるようになります。

子どもには、一番大事なことを一つだけ強調して教えていかないといけないんだな、と改めて実感しました。
わかるだろうとか、自分で気をつけるだろう、なんていう甘い考えは通用しないこともわかりました。
とにかく、自分自身がどうやって早く正確にやる技術を身につけてきたかを思い出して、1から10まで何度でも教えていくことにしました。

そろばんのテストの最初の難関は、6級です。
大人の中にも、そろばんを習っていたけれど6級で挫折した、という人はたくさんいます。
うちの教室でも、6級で手こずっている生徒が多いのが現状です。
7級までは自己流でも何とかなったものが、6級では、ある程度のスピードと正確さが要求されるので、間違った癖がついていたり、無意識に正しい指使いができないと合格できません。

今年は、間違った癖を自分で探し、それを修正する方法を徹底的に教えていこうと思っています。
6級に手こずっている生徒も、合格できれば5級、4級はスムーズに進むことが多いものです。
ですから、諦めずに何とか合格してほしいと思います。

どんなに順調に進んでいる生徒も、どこかで手こずる時がきます。
それが、そろばんの一番良いところでもあります。
そこをどう切り抜けるか、粘って継続することで、手と頭だけでなく精神も鍛えられるはずです。

そろばんのような計算だけをする教室で、優しい先生がいるわけでもないのに、「楽しい」「面白い」と言って通ってくれる生徒がたくさんいます。
子どもは、自分の能力が活かされて伸びていくのが実感できれば、楽しいのです。

能力は、身長のように一直線に成長するわけではありません。
上がったり下がったりしながら、ジグザグに伸びていきます。
特にそろばんはスポーツと同様、心身の調子に大きく左右されるので、昨日は100点だったのに今日は30点、ということも普通です。
保護者は、成績に一喜一憂せず、気長に子どもの能力を信じて、あまり干渉せずに見守ってほしいと思います。

0 コメント